パワハラの証拠にできるものとは

パワハラとはパワーハラスメントの略であり、職場などの権力を利用した嫌がらせのことです。一般的に明確な指標はないが、一般的に職場における暴力や威嚇、暴言、無視、業務の妨害、人格や能力の否定などをいいます。また、セクハラやリストラにからむ退職の強要などもこのパワハラに入ると言われています。                                                                                                                          
このパワハラを受けている場合辛くて自殺をしてしまう人や、そのまま辞めて泣き寝入りといった人も多いと思いますが、他に新たな被害者を作らないためにも証拠を集めて訴える事もできます。パワハラがおこなわれていたと証拠となるものは、もし暴力を受けて怪我などをした場合や精神疾患を発症してしまった場合は医師の診断書などが有力な証拠となります。また、言葉や態度といった証拠として残りにくものは言われた内容をメモに残しておいたり録音しておくといいと思います。毎日日記のようにその日言われた事などをメモに残しておくのも証拠となります。また、近くでその場面を誰かが見ていた場合、第三者の証言の陳述書なども有効です。                                                                                                                                                                                
また、パワハラを受けている場合は社内の相談窓口へ内容証明郵便を送るのも一つの手です。それによって相手にパワハラであることを警告する事ができます。

コメント

コメントを受け付けておりません。