セクハラの証拠にできるものとは

宇宙02セクハラの被害については近年になり大きな認知を受けてきた事によって、最近では女性に対する企業の職場環境の改善の取組みや社内コンプライアンスの徹底など企業全体で取り組んでいる企業も増えていますが、中には特に考え方の切り替え方の苦手な高齢男性などを中心に従来通りの行為を行った事が女性にとってはセクハラに感じられた事件や他にも多くのセクハラ事件もまだ起きている現状が有ります。                                                                                                                                                               
しかしセクハラ行為自体は立証がとても難しい行為で基準が曖昧な点から、現行犯以外は証拠になる物としては電話の着信記録やメールそしてその着信やメールが原因で精神的なダメージを受けたと言う病院の診断書かそれ以外では同じ職場の人間の証言位しかありません。                                                                                                                                          
その中でも特に電話の着信記録は相手の特定も出来る点や、どの様なメッセージを残しているかでセクハラの概要も把握できますので証拠としてはとても重要な役割を果たしています。そして第三者の立場からみてその着信記録やメッセージがセクハラ行為として該当するのかも被害者目線に立って考えられますので、もしセクハラを受けていると感じている人は相手からの着信記録は必ず残しておく事が必要になってきます。

コメント

コメントを受け付けておりません。