証拠として残す際はこれに注意しよう

惑星証拠として残す場合にはどんな注意点があるのかと言うと、アナログの場合では、契約書や手紙、何らかの文書といった紙ベースの物があります。しかし、紙などは燃やしてしまえば証拠隠滅が可能となってしまいます。同様に、物としての証拠もその物体を破棄してしまうことで証拠は無くなってしまいます。テープレコーダーやビデオで録音、録画した物などもアナログに含まれるでしょう。そのため、アナログの証拠は破棄されることで証拠としての機能を失ってしまう可能性があり、厳重に管理することが必要です。                                                                                                                                                               
デジタルの場合では、電子データがあります。書類を作成する場合でも、コンピュータを使用することで電子データは残ります。他にも、録画や録音した物をコンピュータなどを介してCD-ROMなどに移した場合にはデジタルの証拠となります。デジタルの証拠の注意点は、編集を行なうなどで改ざんすることが可能なことです。デジタルのデータは、編集することが可能なために、裁判官の判断によって証拠として認められるかどうかが変化してしまいます。また、これらの証拠能力は刑事裁判と民事裁判では基準が異なる場合もあります。証拠を残す際にはそれらのことを注意しましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。